サステナビリティファイナンス

環境評価融資

不動産再生・開発事業における金融機関からの資金調達に際し、銀行が「ESGに配慮した経営を行う企業」を評価する融資制度を活用しています。北陸銀行の環境評価融資制度「エコリード・マスター」では、2010年以降、計10回「Sランク」評価を取得し、金利優遇を受けました。融資制度の環境ランク評価においては、“環境に配慮した事業活動”や“ESGを意識した取り組み”をグループ全体で推進している点を評価いただきました。その他、三井住友銀行の「ESG/SDGs評価型融資」では「良好なESG・SDGsの取り組みと情報開示を実施している」とする「Aランク」を取得しました。

また外部機関による評価を活用した資金調達にも積極的に取り組んでおり、2021年には物流施設建設に係るあおぞら銀行からの借入金について、日本格付研究所(JCR)よりJCRグリーンローン評価の「Green 1」を取得しています。

グリーンボンド

グリーンファイナンスに積極的に取り組んでいるトーセイ・リート投資法人では、2021年に「グリーンファイナンス・フレームワーク」を定め、JCRより最高評価の「Green 1(F)」を取得し、グリーンボンドを発行しました。同投資法人はグリーンファイナンスによる資金調達を通じて、ESGへの取り組みを一層強化すると共に、ESG投資に関心を持つ投資家層の拡大を通じた資金調達基盤の強化を目指しています。