セグメント情報(IFRS)

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

セグメント情報

全期間を国際会計基準(IFRS)で表示しております。

  • 2019年11月期よりホテルセグメントを新設しました。
    比較参考のため、2018年11月期の数字は新セグメントにあわせ遡及修正して作成しています。

セグメント別売上高

(百万円)

セグメント別売上高

(百万円)

2015/112016/112017/112018/112019/11
売上高 43,006 49,818 57,754 61,543 60,727
不動産流動化事業 25,986 25,809 40,268 34,793

31,012

不動産開発事業 6,605 13,138 5,197 13,261 14,346
不動産賃貸事業 4,262 5,324 6,237 5,979 5,993
不動産ファンド・コンサルティング事業 2,444 2,329 2,802 3,038 3,773
不動産管理事業 3,574 4,005 4,637 5,232 5,888
ホテル事業 0 0 0 557

1,089

その他 ※ 694 341 0 0

0

内部取引 (559) (1,131) (1,388) (1,319) (1,375)
2015/112016/112017/112018/112019/11 
営業利益 6,891 9,279 9,833 10,875 12,690
不動産流動化事業 4,174 4,001 7,845 6,770 7,754
不動産開発事業 534 3,674 (408) 1,487 1,528
不動産賃貸事業 1,797 2,389 2,581 2,453 2,367
不動産ファンド・コンサルティング事業 1,464 951 1,273 1,616 2,365
不動産管理事業 146 141 278 453 504
ホテル事業 0 0 0 36 99
その他 ※ 178 (17) (74) 0 0
本社経費等 (1,404) (1,860) (1,661) (1,942) (1,928)

各セグメントの最新業績について

不動産流動化事業

 当連結会計年度は、「せいせきC館ビル」(東京都多摩市)、「両国トーセイビルⅠ・Ⅱ」(東京都墨田区)、「T's garden大島」(東京都江東区)、「センチュリー浦和MS」(埼玉県さいたま市)、「グロブナースクエアBL」(神奈川県横浜市)等53棟のバリューアップ物件の販売を行ったことに加え、Restyling事業において「ヒルトップ横濱根岸」(神奈川県横浜市)等で11戸の販売を行いました。
   当連結会計年度の仕入につきましては、バリューアップ販売物件として、収益オフィスビル、賃貸マンション合わせて39棟、土地4件を取得しております。
   以上の結果、不動産流動化事業の売上高は31,012百万円(前連結会計年度比10.9%減)、セグメント利益は7,754百万円(前連結会計年度比14.5%増)となりました。

不動産開発事業

 当連結会計年度は、需要が堅調な新築分譲マンションや戸建住宅の販売に注力いたしました。新築分譲マンションでは、「THEパームス調布マノアーガーデン」(東京都調布市)等において、163戸を販売いたしました。戸建住宅では、「THEパームスコート船橋法典」(千葉県船橋市)、「THEパームスコート三ツ池公園Ⅱ」(神奈川県横浜市)、「THEパームスコート鎌倉城廻」(神奈川県鎌倉市)等において、94戸を販売いたしました。その他、商業施設1件、新築賃貸マンション1件、土地12件を販売いたしました。
   当連結会計年度の仕入につきましては、ホテル開発用地3件、物流施設開発用地2件、商業施設開発用地2件、賃貸マンション開発用地3件、収益オフィスビル開発用地1件、141戸分の戸建住宅開発用地を取得しております。
   以上の結果、不動産開発事業の売上高は14,346百万円(前連結会計年度比8.2%増)、セグメント利益は1,528百万円(前連結会計年度比2.8%増)となりました。

不動産賃貸事業

 当連結会計年度は、保有する賃貸用棚卸資産39棟を売却したものの、新たに収益オフィスビル、賃貸マンション等28棟を取得し、また取得後の空室のリーシングに努めたことに加え、保有する固定資産及び棚卸資産のリーシング活動にも注力いたしました。
   以上の結果、不動産賃貸事業の売上高は5,944百万円(前連結会計年度比0.2%増)、セグメント利益は2,367百万円(前連結会計年度比3.5%減)となりました。

不動産ファンド・コンサルティング事業

 当連結会計年度は、前連結会計年度末のアセットマネジメント受託資産残高(注)663,359百万円から、ファンドの物件売却等により215,844百万円の残高が減少したものの、新たに大型案件のアセットマネジメント業務を受託したこと等により、398,963百万円の残高が増加し、当連結会計年度末のアセットマネジメント受託資産残高は846,478百万円となりました。当該大型案件の獲得により、アセットマネジメントフィーが増加し、売上に貢献いたしました。
   以上の結果、不動産ファンド・コンサルティング事業の売上高は3,752百万円(前連結会計年度比25.8%増)、セグメント利益は2,365百万円(前連結会計年度比46.3%増)となりました。
  (注) アセットマネジメント受託資産残高には、一部コンサルティング契約等に基づく残高を含んでおります。

不動産管理事業

 当連結会計年度は、新規契約の獲得及び既存契約の維持に努め、当連結会計年度末での管理棟数は、オフィスビル、ホテル及び学校等で415棟、分譲マンション及び賃貸マンションで244棟、合計659棟(前連結会計年度末比37棟増加)となりました。
   以上の結果、不動産管理事業の売上高は4,586百万円(前連結会計年度比14.2%増)、セグメント利益は504百万円(前連結会計年度比11.1%増)となりました。

ホテル事業

 当連結会計年度は、2017年12月開業の「トーセイホテルココネ神田」の平均客室単価及び稼働率の向上に努めたことに加え、2018年12月に開業した「トーセイホテルココネ上野」が売上に貢献しました。
   以上の結果、ホテル事業の売上高は1,086百万円(前連結会計年度比95.5%増)、セグメント利益は99百万円(前連結会計年度比175.2%増)となりました。