トーセイグループのサステナビリティ

サステナビリティに関する考え方

トーセイグループは、企業活動を通じて持続可能な社会の実現に貢献すべく、「トーセイグループ ESG方針・ESG行動指針」を定め、サステナビリティ委員会を中心としたESG推進体制を整備してサステナビリティに配慮したESG経営の実践に努めてまいります。

トーセイグループ ESG方針・ESG行動指針

トーセイグループ ESG方針

トーセイグループは、グローバルな発想を持つ心豊かなプロフェッショナル集団として、あらゆる不動産シーンにおいて新たな価値と感動を創造することを存在意義としており、環境(Environment)・社会(Social)・企業統治(Governance)を経営の重要事項と認識し、不動産にかかわる社会的課題に真摯に取り組むことで社会に貢献するとともに、グループの持続的な成長を目指してまいります。

ESG行動指針

1. 健全な成長を実現する事業活動の推進

経営環境の変化に迅速かつ的確に対応し、健全な成長を実現する事業活動を持続することにより、あらゆるステークホルダーに対する社会的責任を果たします。コーポレート・ガバナンスの充実および内部統制システムの構築に向けて全社一丸となって体制の強化に努めます。

2. 法令・諸規則の遵守

環境、社会、企業統治に関連する法令および諸規則の遵守はもとより、知識向上、理解促進を目的とした社内研修、社外への啓蒙活動を行います。

3. 不動産の価値を高める取り組み

当社のあらゆる事業活動において、不動産の有効活用および地域社会の活性を目途として当該不動産が抱える諸問題の解決、付加価値の向上を目指した事業活動を推進します。

4. 環境に配慮した事業活動の推進

低炭素社会の実現を目指し、保有不動産のエネルギー効率を高める施策の導入を推進します。水や廃棄物などの削減およびリデュース・リユース・リサイクルを推進することにより、循環型社会の実現に向けて積極的に取り組みます。

5. 保有不動産を通じたテナント・地域・コミュニティへの貢献

本行動指針に基づく取り組みを実践するため、保有不動産等のテナント企業やプロパティ・マネジメント会社等の取引先、居住用不動産の入居者との協働に努め、地域・コミュニティとの共生を図ります。

6. 顧客満足の向上

いつもお客様の視点に立ち、安全と安心に根ざした商品・サービスの提供に努め、誠実に事業活動を行い、顧客満足度の向上に取り組みます。

7. 従業員満足の向上
人を経営の根幹とし、心豊かなプロフェッショナルを育成し続けます。様々な背景を持つ多様な人材が、互いを尊重し、チームワークを重視して働く、楽しく前向きな社風をつくり、従業員満足度の向上に努めます。

8. ESG情報の開示
ESGに関する目標を開示するとともに、取り組み状況を定期的にモニタリングし、その実績についてホームページ等を通じてステークホルダーの皆様へ公表します。

推進体制

当社グループは、サステナビリティ委員会を設置し、ESGに関する方針や活動計画の審議、決定などを行っています。同委員会は、執行役員社長が任命するサステナビリティ推進責任者を委員長として、そのサステナビリティ推進責任者が指名する者にて構成されています。審議した内容は定期的に取締役会に報告し、各関連部署と連携することで事業活動に反映しています。

サステナビリティ推進体制図

      中期経営計画 ~Infinite Potential 2023~

      2021年11月期から始まる3か年の中期経営計画「Infinite Potential2023」において、ESG経営を強力に推し進めるべく、事業活動、経営インフラ両面において、ESG推進に関する基本方針を定めています。事業活動においては、気候変動問題をはじめとする環境的課題、多様性や防災などの社会的課題を意識した商品企画、サービス提供による既存事業の拡大、経営インフラにおいては、サステナビリティに配慮した事業マネジメント、コーポレート・ガバナンスのさらなる充実を推進し、企業価値のさらなる向上と持続可能な社会の実現に資する企業経営に努めてまいります。

      大方針

      あらゆる不動産シーンにおいて、グループの無限大の成長可能性を追求し、

      総合不動産会社としての新たなステージを目指す

      基本方針

      事業活動

      環境・社会的課題を意識した 既存事業の拡大、 営業利益の増大
      DXによる既存事業拡充と 新たな収益モデルの創出

      経営インフラ

      事業規模拡大、保有資産増加、資本効率を意識したバランスシート戦略
      ガバナンスと効率性の両立を意識したグループ戦略、組織戦略
      IT活用促進による 業務効率・事務効率の改善、生産性向上に資する従業員満足度の向上
      サステナビリティを意識した事業マネジメント、ESG経営の推進

      イニシアチブへの参加

      TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)提言への賛同

      当社は「TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)提言」への賛同を表明するとともに、国内賛同企業による組織である「TCFDコンソーシアム」に加入しています。TCFD提言に基づいて気候変動が事業にもたらすリスクと機会を分析し、より一層の情報開示の充実に努めます。

      TCFDロゴ
      TCFDコンソーシアムロゴ

      GRESBリアルエステイト評価に参加

      GRESB評価ロゴ

      2019年よりGRESBリアルエステイト評価に参加し、2回目の参加となる2021年は、総合スコアのグローバル順位により格付けされる「GRESBレーティング」で「1スター」及び「グリーンスター」評価を取得しました。「グリーンスター」は、ESG推進における組織や体制面、保有物件の環境パフォーマンス面の両面で優れた参加者に与えられる評価です。2021年は保有不動産の環境パフォーマンスデータの取得やテナントとの取り組み等の充実に努めました。

      SDGsへの取り組み

      Sustainable Development Goals 世界を変えるための17の目標

      国連が定める持続的な開発目標SDGs(Sustainable Development Goals)とトーセイグループESG方針・行動指針との関連を整理しました。今後は、当社グループが重視すべき重要課題の選定を行ってまいります。

       トーセイグループESG行動指針SDGsとの関連
      E 環境に配慮した事業活動
      6 安全な水とトイレを世界中に
      7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
      12 つくる責任つかう責任
      13 気候変動に具体的な対策を
      15 陸の豊かさも守ろう
      S 不動産の価値を高める取り組み
      3 すべての人に健康と福祉を
      4 質の高い教育をみんなに
      5 ジェンダー平等を実現しよう
      8 働きがいも経済成長も
      10 人や国の不平等をなくそう
      11 住み続けられるまちづくりを
      12 つくる責任つかう責任
      保有不動産を通じたテナント・地域・コミュニティへの貢献
      顧客満足の向上
      従業員満足の向上
      G 健全な成長を実現する事業活動の推進
      5 ジェンダー平等を実現しよう
      16 平和と公正をすべての人に
      17 パートナーシップで目標を達成しよう
      法令・諸規則の遵守
      ESG情報の開示

      SDGs 17の目標

      1. 1.貧困をなくそう
      2. 2.飢餓をゼロに
      3. 3.すべての人に健康と福祉を
      4. 4.質の高い教育をみんなに
      5. 5.ジェンダー平等を実現しよう
      6. 6.安全な水とトイレを世界中に
      1. 7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに
      2. 8.働きがいも経済成長も
      3. 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
      4. 10.人や国の不平等をなくそう
      5. 11.住み続けられるまちづくりを
      6. 12.つくる責任つかう責任
      1. 13.気候変動に具体的な対策を
      2. 14.海の豊かさも守ろう
      3. 15.陸の豊かさも守ろう
      4. 16.平和と公正をすべての人に
      5. 17.パートナーシップで目標を達成しよう

      トーセイグループ ESG関連方針・規程

      トーセイグループのESG推進における基本的な方針として、「トーセイグループESG方針」「ESG行動指針」を定めています。

      トーセイグループ 倫理規範

      わたしたちは、企業人として社会的責任を全うするために、当社グループの掲げる企業理念を追求しつつ、常に高い倫理観と遵法精神を大切にし、以下の規範に則って事業活動を展開します。

      1. 1.持続可能な経済成長と社会的課題の解決
        いつもお客様の視点に立ち、安全と安心に根ざした商品・サービスの開発、提供に努め、謙虚な姿勢を失わず、誠実に事業活動を行い、持続可能な経済成長と社会的課題の解決に努めます。
      2. 2.公正な情報開示
        投資家の皆様をはじめ広く社会から正しい評価・理解を得るために、必要な情報を適時、適切かつ公正に開示します。
      3. 3.公正かつ透明な意思決定
        法令や社内ルールに則り、適切かつ説明可能な根拠に基づいて、意思決定を行います。
      4. 4.法令遵守の徹底と公正な取引
        国内にとどまらずグローバルな視点で法令等の趣旨を理解し、これに反するような行為や不正な行為を行いません。また、公正かつ自由な競争ならびに適正な取引を遂行し、贈収賄およびそれに類する不当な利益の授受はいかなる方法であっても行いません。
      5. 5.危機管理の徹底
        反社会的勢力との一切の関係を絶ち、テロ、サイバー攻撃、自然災害等に備え、組織的な危機管理を行います。
      6. 6.守秘すべき情報の保護
        当社グループの重要情報や、お客様の個人情報・取引先の情報等の守秘すべき情報を保護し、管理を徹底します。
      7. 7.人権の尊重と良好な職場環境の構築
        人権を尊重し、差別やハラスメントなど個人の尊厳を損なう行為を許容しません。また、人材の育成に努め、相互信頼と良識のある職場環境の構築に努めます。
      8. 8.環境課題への取組み
        持続可能な社会の実現に向けて、環境問題の重要性を強く認識し、環境への負荷低減および、資源循環、気候変動リスク対策への取り組みを推進します。
      9. 9.社会貢献
        良き企業市民の一員として地域社会や国際社会との調和を図り、積極的かつ継続的に社会貢献活動を推進します。
      10. 10.経営トップのコミットメント
        本規範の精神の実現を自らの役割であることを認識し、本規範に反する事態が発生したときには経営トップ自らが主体的に問題解決にあたり、原因の究明と再発の防止に努め、市場や社会への適時、適切な情報開示を行うなど説明責任を果たし、自らを含めた公正かつ厳格な処分を行います。

      トーセイグループ 人権方針

      トーセイグループは、「グローバルな発想を持つ心豊かなプロフェッショナル集団としてあらゆる不動産シーンにおいて新たな価値と感動を創造する」という理念のもと、人権に配慮した事業の推進を徹底していくことが重要であると強く認識し、全ての従業員を対象に以下の「トーセイグループ人権方針」を定めています。本方針はトーセイ株式会社の経営会議、取締役会を経て制定し、社内イントラやコーポレートサイトを通じてグループ内外に広く周知しています。

      トーセイグループ 人権方針

      トーセイグループは、「国際人権章典」や「ビジネスと人権に関する指導原則」等で定められる基本的人権を尊重し、労働に関する基本的権利として、以下の項目を支持・尊重します。

      1. 差別の禁止
      人種、宗教、性別、年齢、性的指向、障がい、国籍などに基づくあらゆる差別を禁止します。

      2. ハラスメント行為の禁止
      セクシャルハラスメントやパワーハラスメントなどのハラスメント行為を一切容認しません。

      3. 児童労働の禁止
      一切の児童労働を禁止します。

      4. 強制労働の禁止
      あらゆる形態の強制労働を禁止します。

      5. 過重労働の抑制
      適切な労働時間管理を実施し、過重労働を抑制します。

      6. 結社の自由・団体交渉権の尊重
      結社の自由および団体交渉権を尊重します。

      7. 最低賃金以上の賃金支払い
      最低賃金法をはじめとする各種労働法令を遵守し、従業員に最低賃金以上の賃金を支払います。

      8. 健康と安全の確保
      労働災害を防止し、従業員が健康かつ安全に働ける職場づくりに努めます。

      トーセイグループ 環境ポリシー

      トーセイグループは、環境ポリシーとして以下の5項目を定め、あらゆる企業活動において環境への取り組みを推進します。

      1. 低炭素社会の形成に向けた取り組みの推進
      省エネルギーに資する施策を積極的に導入し、エネルギー使用量や温室効果ガス排出量を削減することで、低炭素社会の形成に寄与します。


      2. 循環型社会の形成に向けた取り組みの推進
      環境汚染の防止およびリデュース・リユース・リサイクルをはじめとする省資源を推進し、水使用量や廃棄物排出量の削減に努め、環境負荷の低減と循環型社会の形成に寄与します。


      3. 環境との共生を意識した取り組みの推進
      生物多様性に配慮し、自然と調和した都市環境を創出することで、豊かで持続可能な社会の形成に貢献します。


      4. 環境法規制の遵守・環境保全意識の向上
      環境法令・規則を遵守するとともに、環境教育・啓発活動を実施し、グループ社員の環境保全に対する意識向上を図ります。


      5. 環境コミュニケーションの推進
      広く社会に向けて環境への取り組み状況等を開示し、さまざまなステークホルダーとの対話に努めます。

      GRIガイドライン対照表

      ※当ウェブサイトの「ESG情報」ならびに「トーセイグループESGレポート」は、「GRI サステナビリティ・レポーティング・スタンダード」を参照しています。なお、GRIスタンダードの項目に関連する情報を参考として記載しているものであり、同ガイドラインへの準拠を示すものではありません。